Chrome ブラウザ で保護されたブラウザでサイトを閲覧しようとすると、GoogleのTOPページや空白のページが表示されてし まう場合

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014

 
 
 

Chrome ブラウザ で保護されたブラウザでサイトを閲覧しようとすると、GoogleのTOPページや空白のページが表示されてしまう場合

"トラブルシューティング"へ戻る
2014 6月 11 Article ID: 11307
 
 
 
 

Chrome ブラウザ で保護されたブラウザを利用してサイトを閲覧しようとすると、GoogleのTOP ページや空白のページが表示されてしまう場合があります。これはコンピュータに保存された保護されたブラウザのデータや、キャッシュデータが何らかの理由により破損したり不整合が発生しているために発生します。

この問題を解決するには、以下の手順で「ブラウザのキャッシュデータ」とセルフディフェンス機能を無効にして「保護されたブラウザのデータ」を削除します。

 
 
 
 
 

Google Chromeの閲覧履歴データ(キャッシュデータ)の消去

 
 
 
 
 

セルフディフェンスを無効にする

 
 
 
 
 

保護されたブラウザの設定データの削除

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了