Kaspersky Security 3.0 Light Agent のウェブコントロールカテゴリ

 

Kaspersky Security for Virtualization 3.0 | Light Agent

 
 
 

Kaspersky Security 3.0 Light Agent のウェブコントロールカテゴリ

"一般情報"へ戻る
2016 6月 28 Article ID: 11332
 
 
 
 

Kaspersky Security for Virtuzlization 3.0 Light Agent のウェブコントロールにより、コンテンツがどのカテゴリに属するかに基づいて仮想マシンユーザーの Web サイトへのアクセスを管理および制限できます。

注意 :カテゴリの名前は相対的なものであり、 カスペルスキー 製品および関連する Web サイトでのみ使用されます。カテゴリの名前は、適用可能な法令での意味を必ずしも反映するものではありません。

1 つの Web サイトが複数のカテゴリに当てはまることもあります。カテゴリ重複の最も一般的なケースは以下の説明で示します。

 
 
 
 
 

1.アダルト

 
 
 
 
 

2.ソフトウェア、音楽、映像

 
 
 
 
 

3.アルコール、タバコ、麻薬

 
 
 
 
 

5.暴力

 
 
 
 
 

6.武器、爆発物、花火

 
 
 
 
 

7.過激な表現、わいせつな表現

 
 
 
 
 

8.ギャンブル、宝くじ

 
 
 
 
 

9.インターネットコミュニケーション

 
 
 
 
 

10.電子商取引

 
 
 
 
 

11.求人サイト

 
 
 
 
 

12.HTTP クエリのリダイレクト

 
 
 
 
 

13.コンピューターゲーム

 
 
 
 
 

14.宗教、宗教団体

 
 
 
 
 

15.ニュース

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了