リモート診断ユーティリティの使用方法について

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

リモート診断ユーティリティの使用方法について

"ツール / ユーティリティ"へ戻る
2014 11月 26 Article ID: 11599
 
 
 
 

Kaspersky Security Center 10 にて 「リモート診断ユーティリティ」を使用する方法をご説明します。

リモート診断ユーティリティ」は、Kaspersky Security Center からクライアントコンピューターに対し、リモートで以下の処理と操作を行うことができます。


1. システム情報(GetSystemInfo)の取得、ダウンロード
2. トレースの有効化と無効化、トレースファイルのダウンロード
3. イベントログのダウンロード
4. 診断の開始、診断結果のダウンロード
5. アプリケーションの起動・停止

 
 
 
 
 

接続手順

 
 
 
 
 

使用方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了