Kaspersky Update Utility 3.0 for Windows でトレースファイルを生成する方法

 

 

Kaspersky Update Utility 3.0

 
 
 

Kaspersky Update Utility 3.0 for Windows でトレースファイルを生成する方法

"Windows 用"へ戻る
2017 9月 11 Article ID: 11701
 
 
 
 

Kaspersky Update Utility 3.0  では、詳細なログ( トレースファイル )を生成できます。トレースファイルは、アップデートやモジュールをダウンロードしているときなど、ユーティリティの使用時に発生する可能性がある問題のトラブルシューティングに必要な場合があります。

トレースファイルを作成する方法

GUIを使用する

  1. UpdateUtility-Gui.exe ファイルを起動します。
  2. ホーム画面の設定をクリックします。

Включите трассировку Kaspersky Update Utility 3.0, нажав на кнопку Параметры.

  1. 全般 タブの トレースを有効にする をオンにします。
  2. 適用 をクリックします。

В разделе Общие установите флажок Включить трассировку и нажмите на кнопку OK. Запустите обновление баз.

トレースファイルのtrace.logは、ユーティリティが置かれているフォルダに作成され、次に、問題を再現します。

Файл трассировки Kaspersky Update Utility 3.0 вы можете найти в папке с утилитой.

コマンドプロンプトを使用する

-t スイッチを指定して UpdateUtility-Console.exe ファイルを実行します。

例: C:\UpdateUtility\UpdateUtility-Console.exe -u -t.

トレースファイルのtrace.logは、現在のルートフォルダに作成され、ユーティリティを実行し、問題を再現します。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。