Kaspersky Security Center 10 Maintenance Release 1(バージョン 10.1.249):パッチ E リリース

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

Kaspersky Security Center 10 Maintenance Release 1(バージョン 10.1.249):パッチ E リリース

"リリース情報"へ戻る
2015 4月 15 Article ID: 11952
 
 
 
 

Kaspersky Security Center Maintenance Release 1 (バージョン 10.1.249e )のパッチ E は、 2015 年 6 月 4 日 に公開されました。

パッチ E には以下が含まれます:

  • Kaspersky Security Center 管理コンソール 用のパッチ Epatch_10_1_249_console_e.zip ) - 管理コンソール がインストールされ、 管理サーバー がインストールされていないコンピューターにインストールします。
  • Kaspersky Security Center ネットワークエージェント 用のパッチ Epatch_10_1_249_nagent_e.zip ) - ネットワークエージェント がインストールされ、 管理サーバー がインストールされていない管理対象コンピューターにインストールします。
  • Kaspersky Security Center 管理サーバー 用のパッチ Epatch_10_1_249_server_e.zip ) - 管理サーバー がインストールされているコンピューターにインストールします。 管理コンソール 用パッチおよび ネットワークエージェント 用パッチを含みます。

パッチ E は累積パッチです。 パッチ Aパッチ Bパッチ CCVE-2014-0160CVE-2014-0224CVE-2014-3566パッチ DiOS MDM モバイルデバイスサーバー用の パッチ D を除く)からのすべての修正を含んでいます。

注記: パッチ E をインストールした後、一部のファイルのバージョンは 10.1.355 に変わります。 管理コンソール に表示されるバージョン番号は 10.1.249 のままです。

 
 
 
 
 

1.修正された問題

 
 
 
 
 

2.パッチ E のインストール方法

 
 
 
 
 

3.パッチがインストールされたかどうかを確認する方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了