スキャン中、ディスク使用量が増加する場合の対処法

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows (for workstations and file servers)

 
 
 

スキャン中、ディスク使用量が増加する場合の対処法

"トラブルシューティング"へ戻る
更新日: 2019年10月25日 Article ID: 11953
 
 
 
 

説明

Kaspersky Endpoint Security 10 において、スキャン中にディスク使用量が増加して100%近くになり、スキャンが正常に完了しない場合があります。


原因

ローカルディスク上にインストールイメージファイル(.isoなど)や、OSバックアップイメージファイル、数GBを超える圧縮ファイルなどが多数存在する場合、スキャン時にローカルドライブ内にスワップファイルが作成され、その影響によりディスク領域が圧迫される場合があります。


解決策

上記の原因に該当する場合、以下の方法を実施頂き、事象が改善するかご確認頂けますでしょうか。

  • イメージファイルやバックアップファイルなどが格納されているフォルダを信頼リストに追加する
  • 大きな複合ファイルをスキャンしない

上記に該当しない、または設定を実施しても現象が解消されない場合は、GSIレポートをご取得の上、カスペルスキーコーポレートサポートセンターまでお問い合わせください。
GSIレポートとその取得方法に関しましてはこちらをご参照ください。

 
 
 
 
 

信頼リストに追加する方法

 
 
 
 
 

大きな複合ファイルをスキャンしない方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了