インターネットに接続していない Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows の定義データベースをアップデートする方法

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows (for workstations and file servers)

 
 
 

インターネットに接続していない Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows の定義データベースをアップデートする方法

"定義データベース"へ戻る
更新日: 2020年04月09日 Article ID: 12032
 
 
 
 
概要

インターネットに接続できない環境(オフライン環境)で Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows を使用している場合、通常は定義データベースのアップデートを実施することはできません。
しかし、本ナレッジベースに記載する手順を実施することで、インターネットに接続できない環境でも最新の定義データベースを利用することができます。


説明

特定のコンピューターにて定義データベースをダウンロードし、他のコンピューターはそのダウンロードされた定義データベースを参照することで、最新の定義データベースを使用することができます。
この手順を実施するためには、ネットワーク上にある最低 1 台のコンピューターがインターネットに接続している必要があります。


定義データベースのパターンファイルをダウンロードする手順

本ナレッジサイトでは、以下の3種類の方法をご案内致します。

  • Kaspersky Update Utility を使用する方法
  • スタンドアロンで運用している場合:KES10からパターンファイルを保存する方法
  • KSCで管理している場合:KES10からパターンファイルを保存する方法

ダウンロードしたパターンファイルをアップデート元に設定する手順

本ナレッジサイトでは、以下の2種類の方法をご案内致します。

  • スタンドアロンで運用している場合:アップデート元にパターンファイルを指定する方法
  • KSCで管理している場合:アップデート元にパターンファイルを指定する方法
 
 
 
 
 

Kaspersky Update Utility を使用する方法

 
 
 
 
 

スタンドアロンで運用している場合:KES10からパターンファイルを保存する方法

 
 
 
 
 

スタンドアロンで運用している場合:アップデート元にパターンファイルを指定する方法

 
 
 
 
 

KSCで管理している場合:KES10からパターンファイルを保存する方法

 
 
 
 
 

KSCで管理している場合:アップデート元にパターンファイルを指定する方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了