カスペルスキー インターネット セキュリティ 2016 のシステム変更コントロール

 

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2016

 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2016 のシステム変更コントロール

"プロテクション"へ戻る
2015 9月 29 Article ID: 12106
 
 
 
 

Web ブラウザーのホーム ページや既定の検索エンジンが意図せず変更された場合、アドウェアまたはマルウェアによって変更された可能性があります。このような変更はインストールしたソフトウェア(メディアプレーヤーやインスタントメッセンジャーなど)のアドオンが原因で起こることがあります。また、安全ではない Web サイトからコンピューターに侵入した悪意のあるスクリプトによりシステム設定が影響を受けることもあります。

このような望ましくないシステム設定の変更を、カスペルスキー インターネット セキュリティ 2016システム変更コントロールは変更を追跡しブロックすることができます。

 
 
 
 
 

1.オペレーティングシステムおよび Web ブラウザーの設定の変更をブロックする方法

 
 
 
 
 

2.制限事項と特長

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了