Kaspersky Security Center10 で作成したグループタスクをクライアントのコマンドプロンプトで実行する方法

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows (for workstations and file servers)

 
 
 

Kaspersky Security Center10 で作成したグループタスクをクライアントのコマンドプロンプトで実行する方法

"設定 / 操作方法"へ戻る
2014 9 04 Article ID: 12323
 
 
 
 

Kaspersky Security Center 10で作成したグループタスクを各クライアントのコマンドプロンプトから実行可能です。
コマンドプロンプトからKaspersky Security Center 10で作成したグループタスクを実行したい場合は以下のコマンドを実行してください。
Kaspersky Endpoint Security10のインストールフォルダを変更している場合はインストールしたフォルダにあるavp.comをご指定ください。

32bit OS : “C:\program files\kaspersky lab\kaspersky endpoint security 10\avp.com” start <実行したいタスク名>
64bit OS : “C:\program files (x86)\kaspersky lab\kaspersky endpoint security 10\avp.com” start <実行したいタスク名> 


例:
KES10_12323_01.jp


なお、現在 "start" で実行が可能なタスクを確認したい場合は以下のコマンドを実行してください。タスクの一覧が表示されます。

32bit OS : “C:\program files\kaspersky lab\kaspersky endpoint security 10\avp.com” help start 
64bit OS : “C:\program files (x86)\kaspersky lab\kaspersky endpoint security 10\avp.com” help start

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了