Kaspersky Endpoint Security 10 for Mac 用ネットワークエージェントの接続プロパティの識別に使用する Klnagchk ユーティリティ

 

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Mac

 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Mac 用ネットワークエージェントの接続プロパティの識別に使用する Klnagchk ユーティリティ

"トラブルシューティング"へ戻る
2015 11月 24 Article ID: 12337
 
 
 
 

klnagchk ユーティリティは、ネットワークエージェントと管理サーバとの接続プロパティの分析に使用します。このユーティリティは、管理サーバへの接続に問題があるクライアント上で使用します。

このユーティリティは、Mac OS X 用ネットワークエージェントの配信パッケージに含まれています。以下のコマンドで起動します:

/Library/Application\ Support/Kaspersky\ Lab/klnagent/Binaries/klnagchk

重要: klnagchk ユーティリティは、クライアントコンピュータ上で root で実行する必要があります。

このユーティリティを実行するとき、以下のコマンドラインスイッチを使用できます:

  • -logfile LOGFILE - すべての情報を LOGFILE という名前のログファイルに書き込みます。既定では、データはモニターに表示されます。
  • -sp - プロキシサーバのパスワードを出力します。既定では表示されません。
  • -savecert CERTFILE - ネットワークエージェントが管理サーバに接続するときに使用する証明書を CERTFILE という名前のファイルに保存します。
  • -restart - ユーティリティが終了したら、ネットワークエージェントを再起動します。

ユーティリティは、起動後にネットワークエージェントの設定ファイルにアクセスし、以下の接続プロパティを出力します:

  • Server address - 管理サーバのアドレス。
  • Use SSL - 管理サーバとの接続に安全な接続を使用するかどうかを示します。値:0 または 1。
  • Server SSL ports - 管理サーバとの保護された接続を確立できるポート番号(通常はポート 1 個)。
  • Server ports - 管理サーバとの保護されていない接続を確立できるポート番号(通常はポート 1 個)。
  • Certificate - クライアント上で管理サーバの証明書が使用できるかどうかを示します。これまでにネットワークエージェントが管理サーバと接続を確立したことがない場合などは出力されません。値:0 または 1。
  • Use proxy - プロキシサーバを使用するかどうかを示します。値:0 または 1。
  • Proxy location - プロキシサーバのアドレスおよびポート番号。アドレスとポート番号は、コロンで区切られます。
  • Proxy login - プロキシサーバのログイン。
  • Proxy password - プロキシサーバのパスワード。 -sp パラメータが使用されている場合にのみ、表示されます。
  • Open UDP port - ネットワークエージェントが UDP ポートを使用して、管理サーバからの同期要求を受信するかどうかを示します。
  • UDP ports - ネットワークエージェントが使用可能な UDP ポート番号。
  • Ping period - 標準の同期試行間隔(秒単位)。
  • Conn timeout - 接続タイムアウト。
  • RW timeout - 読み取り / 書き込み操作のタイムアウト。

タイムアウト後、ユーティリティは管理サーバが使用できるかどうかを確認し、ネットワークエージェントの設定を使用して管理サーバへの接続を開始します。管理サーバに接続できない場合、ユーティリティはプロキシサーバまたは管理サーバのアドレス(プロキシサーバが使用可能かどうかによる)に ICMP パッケージを送信して、問い合わせの結果を出力します。

管理サーバがインストールされているコンピュータ上でユーティリティを起動した場合、ユーティリティは接続を試みる代わりに、管理サーバがローカルにインストールされていることを通知します。

管理サーバとの接続結果に関係なく、ユーティリティはネットワークエージェントが実行されているかどうかを調べます。Network Agent サービスが実行されていない場合、ユーティリティは終了します。Network Agent サービスが実行されている場合、ユーティリティは接続に関する以下の統計情報を出力します:

  • Ping count - 管理サーバへの接続試行回数。
  • Succ. pings - 管理サーバへの接続に成功した試行回数。
  • Sync count - 同期の試行回数。
  • Succ. syncs - 同期に成功した試行回数。
  • Last ping - 前回の接続日時。
 
 
 
 
Was this information helpful?
Yes No
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。