データベースに記録するイベント数の最大値・最小値について

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

データベースに記録するイベント数の最大値・最小値について

"ツール / ユーティリティ"へ戻る
2015 8月 28 Article ID: 12403
 
 
 
 

説明

Kaspersky Security Center 10 Service Pack 1(以下KSC10SP1)では、データベースに記録するイベント数を設定することができます。
設定画面を開く際は、KSC10SP1 管理コンソールにて「管理サーバー」を右クリックして「プロパティ」を開き、「イベントの保管」セクションを選択します。
KSC10SP1_12403_01_JP


この設定画面にて設定可能な最大値、最小値をご説明します。


[データベースに記録するイベント数の上限]
  規定値: 400,000
  最大値: 15,000,000
  最小値: 1

  ※ Kaspersky Security Center 10 MR1 の場合の最大値は 10,000,000 となります。


[コンピューターの削除後にイベントを保管する]
  規定値: 1
  最大値: 1,000
  最小値: 1

  ※ この設定は既定でチェックがオフとなっております。設定変更を行う場合はチェックを入れてください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了