カスペルスキー インターネット セキュリティ 16 for Mac のウェブ保護

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ for Mac

 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 16 for Mac のウェブ保護

"各機能の設定"へ戻る
更新日: 2017年03月21日 Article ID: 12551
 
 
 
 

ウェブ保護は、ウイルス感染を防止するための機能です。危険な Web サイトに置かれたスクリプトの実行に割り込み、ブロックします。また、HTTP、HTTPS、FTP の各プロトコルを経由して転送されるトラフィックを監視します。

オブジェクトの分析のために、ウェブ保護は定義データベースならびに未知の脅威を検知するヒューリスティックアルゴリズムを使用します。ウェブ保護は、オブジェクトで悪意のあるコードを検知すると、環境設定で選択されている処理を実行します。

 
 
 
 
 

ウェブ保護を有効または無効にする方法

 
 
 
 
 

検知した脅威に対して実行する処理を設定する方法

 
 
 
 
 

安全な接続のチェックを有効または無効にする方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了