Kaspersky Security Center 10 で管理サーバー用の証明書を変更する方法

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

Kaspersky Security Center 10 で管理サーバー用の証明書を変更する方法

"サーバーメンテナンス"へ戻る
2017 5月 18 Article ID: 12604
 
 
 
 

Kaspersky Security Center のインストール中、管理サーバーの X.509 証明書をご自身の証明書に置き換えることができます。

管理サーバー用の X.509 証明書の設定は、以下の目的で使用されます:

  • SSL 終端プロキシを通る SSL トラフィックの検査のため、またはリバースプロキシを使用するため
  • 組織の PKI インフラストラクチャと統合するため
  • 証明書フィールドにカスタム値を設定するため
  • 証明書の暗号化強度を高めるため
 
 
 
 
 

証明書を置き換える方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了