「アンチクリプター」コンポーネントに関連する問題を修正する方法

 

Kaspersky Security 10.x for Windows Server

 
 
 

「アンチクリプター」コンポーネントに関連する問題を修正する方法

"トラブルシューティング"へ戻る
2016 7月 06 Article ID: 12644
 
 
 
 

アンチクリプター」コンポーネントにおいて以下の問題が発生することがあります。

  • Kaspersky Security CenterにてKaspersky Security 10 for Windows Serverを管理している場合、「アンチクリプター」タスクの保護範囲における除外範囲を適用できない

  • アンチクリプター」タスクの保護範囲から除外範囲を設定するためのパスにマスクを使用できない

  • アンチクリプター」タスクが実行されている場合、誤検知によりリモートホスト(PC)からサーバーへの接続がブロックされてしまう。この問題は、異なるリモート接続設定が存在し、サーバー上のデータがリモートPCから変更された場合に発生します。例えば、ターミナルサーバー用にプロファイルが展開されている構成が挙げられます。

 
 
 
 
 

修正プログラム

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了