カスペルスキー インターネット セキュリティ 2017 で低負荷スキャンを有効にする方法

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2017

 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2017 で低負荷スキャンを有効にする方法

"パフォーマンス"へ戻る
2016 10月 11 Article ID: 12679
 
 
 
 

低負荷スキャン]が有効な場合は、コンピューターがアイドル状態(コンピューターをロックしているときや、スクリーンセーバーが 5 分間以上動作しているとき)になると、自動で定義データベースを更新し、システムメモリ、スタートアップオブジェクト、ハードディスクのスキャンが実行されます。

コンピューターがアイドル状態から戻ると、[低負荷スキャン]は停止されますが、どの段階で中断されたかが記憶され次にコンピューターがアイドル状態になったときは、その途中からスキャンが再開されます(アップデートのダウンロードは最初からになります)。

コンピューターがバッテリーで稼働している場合は、アイドル状態でも低負荷スキャンは実行されません。

この機能を有効または無効にするには、次の操作を行います:

手順 1

[設定]を開きます


手順 2

パフォーマンス]を選択し、[低負荷スキャン設定を有効にする]をオンまたはオフにします。


 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了