ネットワークエージェントポリシーでの Windows Update 検索モード

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

ネットワークエージェントポリシーでの Windows Update 検索モード

"ホスト端末メンテナンス"へ戻る
2017 5月 12 Article ID: 12753
 
 
 
 

ネットワークエージェント ポリシーで、Windows マシンのアップデート検索モードを設定できます:

  • アクティブ
    ネットワークエージェントの手助けを受ける管理サーバーは、クライアントコンピューター上の Windows Update エージェントからアップデート元である Windows Update Server(WSUS)への接続を開始します。次に、ネットワークエージェントは Windows Update エージェントから受信した情報をサーバーに送信します。
  • パッシブ
    ネットワークエージェントは、アップデート元との前回の同期中に受信した更新プログラムについての Windows Update エージェントからの情報を、管理サーバーに送信するだけです。Windows Update エージェントがアップデート元と同期を行っていない場合、管理サーバー上の更新プログラムに関する情報は最新のものでなくなります。
  • 無効
    管理サーバーは更新プログラムに関する情報を収集しません。

ksc10_12753_01

ただし、クライアントコンピューターから受信した更新プログラムに関する情報は、レポートの作成、統計の表示、Windows 更新プログラムのインストールタスクの作成に使用できます。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了