ネットワークエージェントが管理サーバーへの接続に失敗する理由

 

Kaspersky Security Center 11

 
 
 

ネットワークエージェントが管理サーバーへの接続に失敗する理由

"ホスト端末メンテナンス"へ戻る
更新日: 2022年06月20日 Article ID: 12776
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security Center 13.2(バージョン 13.2.0.1511)
  • Kaspersky Security Center 13.1(バージョン 13.1.0.8324)
  • Kaspersky Security Center 13(バージョン 13.0.0.11247)
  • Kaspersky Security Center 12(バージョン 12.0.0.7734)
  • Kaspersky Security Center 11(バージョン 11.0.0.1131b)
 
 
 
 

次の場合、ネットワークエージェントと管理サーバーは接続されません:

  • 管理対象コンピューターにポリシーが適用されていない
  • 管理対象コンピューターを手動で同期することができない
  • 管理コンソールで管理対象コンピューターのアイコンが非アクティブ(×マークがついた状態)
  • サーバー接続 ] の値が現在の日時を示してない(ワークステーション接続時)

ネットワークエージェントと管理サーバーとの間の接続を確認するには、klnagchk.exe ツールを使用します:

  1. 管理対象コンピューターのネットワークエージェントフォルダーからローカル管理者権限でツールを実行します:C:\Program Files\Kaspersky Lab\NetworkAgent\klnagchk.exe
  2. 結果をログファイルに保存することを選択します。
 
 
 
 
 

接続問題の原因

 
 
 
 
 

開いているポートを確認するためのツール

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了