各ライセンスで利用できる Kaspersky Security for Windows Server の機能

 

Kaspersky Security 10.x for Windows Server

 
 
 

各ライセンスで利用できる Kaspersky Security for Windows Server の機能

"ライセンス / 試用版"へ戻る
更新日: 2020年05月22日 Article ID: 12784
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security 10.1.2 for Windows Server
  • Kaspersky Security 10.1.1 for Windows Server
  • Kaspersky Security 10.1.0 for Windows Server
  • Kaspersky Security 10.0.0 for Windows Server
 
 
 
 

以下は、各ライセンスで利用できる機能の一覧になります:

ライセンス名
Kaspersky Endpoint Security for Business Select Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced Security for Storage Kaspersky Hybrid Cloud Security (Server) Kaspersky Hybrid Cloud Security Enterprise (Server) Kaspersky Security for Internet Gateways
ファイル保護 yes yes yes yes yes yes
脆弱性攻撃ブロック yes yes yes yes yes yes
ファイアウォール管理 yes yes yes yes yes yes
アンチクリプター yes yes yes yes yes
ファイル変更監視 yes yes
Windows イベントログ監視 yes yes
アプリケーション起動コントロール yes yes yes
デバイスコントロール yes yes yes yes
ウェブ脅威対策 yes yes yes yes yes
メール脅威対策 yes yes yes yes yes
ウェブコントロール yes yes yes yes yes
トラフィックセキュリティ - ICAPを使用した外部プロキシ yes yes
ネットワークストレージの保護 + NetApp のアンチクリプター yes

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了