カスペルスキー インターネット セキュリティ 2017 のセルフディフェンスを有効または無効にする方法

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2017

 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2017 のセルフディフェンスを有効または無効にする方法

"詳細"へ戻る
2018 4月 16 Article ID: 12988
 
 
 
 

カスペルスキー製品の関連ファイル(トレースログ等)を削除するには、事前にセルフディフェンスを無効にする必要があります。セルフディフェンスを有効または無効にするには、以下の手順を行います。


手順 1

製品のメイン画面を開き、左下にある歯車のアイコンをクリックします。。


Image: the main window of Kaspersky Internet Security 2017



手順 2

パスワードによる保護が設定されている場合には以下の画面が表示されるので、お客様が設定したパスワードを入力して[ 続行 ]をクリックします。パスワードがわからない場合には、こちらのサポート記事をご確認ください。


Image: entering the password to access Kaspersky Internet Security 2017



手順 3

詳細 ] > [ セルフディフェンス ]の順にクリックします。


Image: the Settings window of Kaspersky Internet Security 2017



手順 4

セルフディフェンスを有効にする ]をオンまたはオフにします。


Image: the Self-Defence settings window in Kaspersky Internet Security 2017



手順 5

ご注意 ]画面が表示されますので、[ 続行 ]をクリックします。


Image: the confirmation for the selected settings window



セルフディフェンスを有効または無効にできない場合には、マイ カスペルスキーからカスペルスキーのテクニカルサポートにお問い合わせください。お問い合わせの際には、問題の詳細を記載してください。マイ カスペルスキーの使用方法については、オンラインヘルプをご確認ください。


 

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了