Endpoint Security SP1MR3(10.2.5.3201)、SP1MR4(10.2.6.3733)向けプラグイン

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows (for workstations および file servers)

 
 
 

Endpoint Security SP1MR3(10.2.5.3201)、SP1MR4(10.2.6.3733)向けプラグイン

"トラブルシューティング"へ戻る
2017 12月 25 Article ID: 13069
 
 
 
 

Kaspersky Security CenterEndpoint Security SP1MR3(10.2.5.3201)SP1MR4(10.2.6.3733) を管理する場合、 Endpoint Security SP1MR2(10.2.4.674) 向けの管理プラグインにて管理が行えますので別途管理プラグインをインストールする必要はございません。

Endpoint Security SP1MR2(10.2.4.674) 向け管理プラグインが Kaspersky Security Center にインストールされているかを確認するためには、以下の手順でご確認ください。

  1. Kaspersky Security Center 管理コンソール を開きます。 
  2. Kaspersky Security Center 管理コンソール の左メニューから「管理サーバー<サーバー名>」を右クリックしてプロパティを開きます。
  3. プロパティ画面にて「インストール済みのアプリケーション管理プラグインの情報」を開き、一覧にKaspersky Endpoint Security 10 Service Pack 1 Maintenance Release 2 for Windowsが含まれていることをご確認ください。

インストールされていない場合は「Kaspersky Security Center10 アプリケーション管理プラグインリスト」から KSC_KES10SP1MR2.zip をダウンロードし、 Kaspersky Security Center10 管理コンソール がインストールされている端末へインストールください。

 

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了