カスペルスキー インターネット セキュリティ 2018 における入力情報の漏洩防止の制限

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2018

 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2018 における入力情報の漏洩防止の制限

"トラブルシューティング"へ戻る
2017 10月 05 Article ID: 13261
 
 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2018 の入力情報の漏洩防止コンポーネントには、次の制限があります:

  • このコンポーネントは、カスペルスキー プラグインがインストールされ、ブラウザーで有効になっている場合にのみ動作します。
  • 入力情報の漏洩防止が有効である場合、Internet Explorer ではオートコンプリートオプションは使用できません。
  • 入力情報の漏洩防止 は、次の要件を満たす Web サイトでのみ動作します。
    • データ入力の保護を必要とする URL のリストに Web サイトが記載されている。
    • Web サイトが保護されたブラウザーで開いている。または、Web サイトが通常のブラウザーで開いておりかつ入力情報の漏洩防止の除外リストにWebサイトが追加されている。
    • Web サイトが URL の信頼リストに記載されていない。
    • Web サイトのカテゴリが入力情報の漏洩防止を適用する設定になっている。
    • Web サイトにパスワード入力用のテキストボックスが存在しており、[すべての Web サイトのパスワード入力フィールド]チェックボックスがオンになっている。
  • Google 日本語入力がインストールされている場合、以下の条件下では入力情報の漏洩防止は動作しません。
    • コンピューターがWindows 7 で動作している。
    • テキストボックスがパスワード入力フィールドではない。
  • ATOKがインストールされている場合、以下の条件下では入力情報の漏洩防止は動作しません。
    • テキストボックスがパスワード入力フィールドではない。
    • ブラウザーが Sandboxie アプリケーションで開かれている。
  • 本製品は、次の条件を満たすテキストボックスのみを保護します。
    • ボックスが 1 つの文字列フィールドで、<input>HTML タグによって記述されている。
    • テキストボックスが非表示ではない。HTML の属性の type の値が hidden ではない。CSS パラメータ display:none が要素に適用されていない。
    • 入力フィールドが次の要素ではない:submitradiocheckboxbuttonimage
    • 入力フィールドが読み取り専用ではない。
    • 入力フィールドにフォーカスを設定できる。
    • フィールドに最大長(maxlength)が設定されている場合、入力テキストの長さが3 文字以上である。
カスペルスキー インターネット セキュリティ 2018 のインストール後コンピューターを再起動するまで、本機能のコンポーネントはすべてのアプリケーションで入力フィールドの最初の文字を保護しません。

問題が発生した場合は、マイ カスペルスキーからテクニカルサポートにお問い合わせください。マイ カスペルスキーの詳細については、オンラインヘルプを参照してください。


 

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了