Kaspersky Security 4.0 Light Agent の製品版ライセンス情報ファイルとは

 

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Light Agent

 
 
 

Kaspersky Security 4.0 Light Agent の製品版ライセンス情報ファイルとは

"一般情報"へ戻る
2017 10月 04 Article ID: 13266
 
 
 
 

ライセンス情報ファイルとは

ライセンス情報ファイルとは、拡張子 key を持つファイルです。これにより、Kaspersky Security 4.0 Light Agent の製品版、試用版、またはベータ版のライセンスの使用が許可されます。ライセンス情報ファイルがないと、製品の機能は使用できません。

ライセンス情報ファイルを使用して製品をアクティベートする場合、Kaspersky Lab のアクティベーションサーバーやインターネットへの接続は必要ありません。

ライセンス情報ファイルで Kaspersky Security 4.0 Light Agent をアクティベートするには、適切なタスクを使用して管理対象コンピューターにライセンス情報ファイルを配信します。

ライセンス情報を紛失した場合は、カスペルスキーのテクニカルサポートに問い合わせて復元できます。

キーファイルに含まれるデータ

ライセンス情報ファイルには、次のライセンス情報が含まれています:

  • ライセンス番号 - テクニカルサポートに必要な一意の番号。
  • このライセンスでアクティベートできるコンピューターの最大数。
  • ライセンス有効期間 - ライセンスがアクティベートされてから期限切れになるまでの期間。
  • ライセンス情報ファイルの作成日 - アクティベーションコードを使用してライセンス情報ファイルが作成された日付。ライセンス情報ファイルの作成日は、ライセンス有効期間の初日です。
  • ライセンスの存続期間 - ライセンスが作成されたときから始まる期間。通常、ライセンスの存続期間は数年です。存続期間を過ぎたライセンスでアプリケーションをアクティベートすることはできません。
  • ライセンス情報ファイルの有効期限 - 製品のアクティベーションにライセンス情報ファイルを使用できる最終日。
  • テクニカルサポート情報。

製品版ライセンス情報ファイル

製品版ライセンス情報ファイルには、製品版ライセンスの条件で製品を使用するために必要な情報が含まれます。

試用版ライセンス情報ファイル

試用版ライセンス情報ファイルでは、一定期間、無料でカスペルスキー製品を評価できます。

試用版ライセンス情報ファイルで製品をアクティベートした場合、別の試用版ライセンス情報ファイルでライセンスを延長することはできません。2 つ目の試用版ライセンスの有効期間は、1 つ目のライセンスの有効期間に制限されます。

ベータテスト用ライセンス情報ファイル

ベータテスト用ライセンス情報ファイルは、まだリリースされていないカスペルスキー製品のテストを希望するユーザーに発行されます。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了