Kaspersky Security 4.0 Light Agent が稼働する仮想インフラストラクチャのパフォーマンスを向上させる方法

 

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Light Agent

 
 
 

Kaspersky Security 4.0 Light Agent が稼働する仮想インフラストラクチャのパフォーマンスを向上させる方法

"設定 / 操作方法"へ戻る
2017 10月 04 Article ID: 13270
 
 
 
 

Light AgentProtection Server との間のデータ転送の遅延を減らすには、保護する仮想マシンが稼働する各ハイパーバイザーに SVM をインストールすることを推奨します。

以下の推奨事項も、仮想インフラストラクチャのパフォーマンス向上に役立ちます。

 
 
 
 
 

管理サーバーへのレポートを無効にする

 
 
 
 
 

システムリソースを使用して SVM のパフォーマンスを調整する

 
 
 
 
 

保護されたマシンの数に依存するハイパーバイザーのパフォーマンス

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了