Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless のリリース情報

 

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless

 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless のリリース情報

"バージョン情報"へ戻る
2017 6月 26 Article ID: 13315
 
 
 
 

Kaspersky Securityfor Virtualization 4.0 Agentless は、2017 年 6 月 29 日にリリースされました。本リリースは、以下のビルドで構成されています:

  • ファイルアンチウイルス コンポーネントのビルド - 4.0.0.84h
  • ネットワーク脅威の検知 コンポーネントのビルド - 4.0.0.53t
  • Kaspersky Security 管理コンポーネントのビルド - 4.0.0.125

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless には、次の新しい機能があります:

  • VMware NSX for vSphere プラットフォームとの互換性がサポートされました。
  • パワーオフ状態の仮想マシンをスキャンできるようになりました(NTFS または FAT32 ファイルシステムの場合)。
  • ファイルアンチウイルス用 SVM に、SNMP エージェントが搭載されました。SNMP エージェントは、SVM のステータスに関する情報を SNMP 監視システムに送信します。SNMP 監視システムが利用されている場合、SNMP プロトコルを使用して、 SVM のステータスに関する情報を受け取ることができます。
  • Integration Server を複数の VMware vCenter Server に接続できるようになりました。Integration Server は、VMware 仮想インフラストラクチャに関する情報を VMware vCenter Server から取得します。
  • Kaspersky Security 管理プラグインと Integration Server のインストール手順が統一されました。Kaspersky Security 管理プラグインと Integration Server の管理コンソールは、Kaspersky Security の管理コンポーネントのインストールウィザードを使用してインストールされます。インストールはコマンドラインから開始することもできます。
  • 設定ファイル ksv.cfg が提供され、この設定ファイルを SVM に適用することで、SVM の設定を変更できるようになりました。
  • Kaspersky Security 管理プラグインのインストール後、定義データベースのアップデートタスクが自動的に作成されるようになりました。定義データベースのアップデートが Kaspersky Security Center の管理サーバーの保管領域にダウンロードとこのタスクが起動し、 SVM の定義データベースをアップデートできるようになります。
 
 
 
 
 

既知の問題    

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了