Kaspersky Anti-Virus for Proxy Server 5.5 MP1 (ビルド 5.5.39) について

 

Kaspersky Anti-Virus 5.5 for Proxy Server

 
 
 

Kaspersky Anti-Virus for Proxy Server 5.5 MP1 (ビルド 5.5.39) について

"全般情報"へ戻る
2014 5月 20 Article ID: 1335
 
 
 
 

カスペルスキーラブスジャパンは Kaspersky Anti-Virus for Proxy Server 5.5 MP1 (ビルド 5.5.39.0) をリリースしました。 

新機能:

     
  • Cisco Content Engine、BlueCoat ProxySG および NetCache に対応しました。
     
  • Squid 2.6 に対応しました。
  •  
     
  • 64bit 版 の OS に対応しました。
  •  
     
  • インストールと設定の手順が改善されました。
  •  
     
  • 管理者ガイドが改訂されました。
  •  

kavicapserver

     
  • ICAP プレビュー機能に対応しました。PreviewSize パラメータで設定します。
     
  • ICAP の"Allow 204" への応答を、Allow204 パラメータで設定できるようになりました。
     
  • processed_traffic (処理されたトラフィックの総量) と clean_traffic (感染駆除されたトラフィックの総量) がアプリケーション動作のカウンタの設定に追加されました。

keepup2date

     
  • デフォルトの設定に PassiveFtp=yes が追加されました。
     
  • 差分アップデート機能を実装しました。アップデート時のトラフィックを低減できます。

 

変更点:

  • ファイルディレクトリの構成が変更されました。
    • Linux の場合、FHS 2.3 に準拠しています。
    • FreeBSD の場合、hier(7) に準拠しています。

kavicapserver

     
  • [icapserver.engine.options] セクションで、ユーザグループごとにスキャンパラメータを設定できます。[icapserver.engine] セクションは廃止されました。
     
  • core ファイルのハンドリング性能が向上しました。
     
  • メモリダンプの内容は個別のファイルに保存されるようになりました。ファイルは core ディレクトリに保存されます。
  • ユーザグループの設定が改良されました。
    グループのパラメータを設定したい場合は、変更したいパラメータだけを指定します。それ以外のパラメータは、デフォルトの設定が適用されます。
     
  • 1 つのオブジェクトをスキャンするのにかける最大時間を設定する MaxScanTime パラメータは、[icapserver.engine.options] セクションに移動しました。指定時間内にスキャンが終わらない場合、そのオブジェクトには "ERROR" ステータスが割り当てられます。
     
  • フィルタリングルールにマッチしたオブジェクトには "filtered" ステータスが割り当てられます。
     
  • ShowOk パラメータで記録モードが ON になっている場合、スキャンによって悪性コードが発見されなかったオブジェクトの情報が、レポートに記録されます。
     
  • HTTPClientIpField パラメータは廃止されました。
     
  • 統計情報の記録機能の性能が向上しました。
     
  • ICAP リクエストのハンドリング性能が向上しました。

keepup2date

  • RegionSettings パラメータでの表記法が ISO 3166 に準拠する形に変更されました。
  • DiffUtilPath パラメータと UploadPatchPath パラメータが廃止されました。

 

製品のインストールとアップグレード 

クリーンインストールの場合、インストールに使用するコマンドはお使いのオペレーティングシステムによって異なります。

Linux/RPM の場合

# rpm -i <パッケージファイル名>.rpm 

Linux/Debian の場合

# dpkg -i <パッケージファイル名>.deb 

FreeBSD の場合

# pkg_add <パッケージファイル名>.tgz 

以前のバージョンからのアップグレードには対応していません。古いバージョンを手動で削除してから、新しいバージョンをインストールしてください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了