タスクマネージャはどんな働きをしますか?

 

Safety 101: よくある質問

 
 
 

タスクマネージャはどんな働きをしますか?

"よくある質問"へ戻る
2018 6月 26 Article ID: 1344
 
 
 
 

Windows タスクマネージャMicrosoft Windows NT/2000/XP/2003/Vista の標準ユーティリティです。タスクマネージャを使用すると、動作中のアプリケーションやプロセスの起動、また CPU 使用率やネットワーク使用率をリアルタイムで監視できます。

キーボードからタスクマネージャを起動するには、  CTRL+ALT+DEL キーまたは CTRL+SHIFT+ESC キーを同時に押します。タスクバー上で右クリックから呼び出せるメニューからも[タスクマネージャ(K)]を起動できます。

表示されたウィンドウには、タスクマネージャが監視する 4 種類のアクティビティに相当する 4 つのタブがあります。それらは [アプリケーション] 、 [プロセス] 、 [パフォーマンス] (システムリソースの使用率)、 [ネットワーク] です。このうち [プロセス] タブを開きます。

コンピュータ上で一つもアプリケーションが稼動していない場合、タスクマネージャは PC にインストールされている OS のサービスプロセスのみを表示します。

ご自宅でコンピュータを使用している場合は、OS のインストール直後に PC 上で稼動しているプロセスのリストを確認しておくことをお勧めします。後に、あなたのコンピュータのウイルス感染が疑われるとき、稼動中のプロセスリストを見て、最初から存在していたプロセスを除いて確認してみることができます。

ほとんどのプロセスについての説明はインターネット上で公開されているため、プロセスに関して何か疑問があるときには、検索サイト等を利用して、その詳細を参照することができます。

各プロセスには次のパラメータが表示されます:イメージ名 (通常は実行ファイル名)、ユーザ名 (プロセスを起動したユーザの名前)、 Central Processor Unit Usage (CPU 使用率)、メモリ使用量

必要であれば、[プロセスの終了] ボタンをクリックしてプロセスを終了できます。

疑わしいプロセスを見つけた場合:ウイルス百科事典サイト( www.securelist.com  )には、そのプロセスがウイルスまたはトロイの木馬の一種であると明記されています。しかし、お客様の PC にはアンチウイルスプログラムがインストールされていないか、またはインストールしたアンチウイルスプログラムがプロセスを検知しません。このようなケースでは、すべての稼動中のアプリケーションを終了させ、タスクマネージャを使用して問題のプロセスを手動で終了させてください。

終了させたプロセスが再び起動するのを防ぐため、アンチウイルスプログラムがインストールされていない場合にはインストールを行い、定義データベース(定義ファイル)を更新し、ハードディスクのスキャンを行うことを強くお勧めします。アンチウイルスプログラムを使用しても疑わしいプロセスの実行ファイル中にウイルスが見つからなかった場合は、そのファイルをパスワード付き書庫に圧縮(パスワード付きで圧縮) して newvirus@kaspersky.com 宛てにメールで送付してください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了