エラー「 以前インストールされたバージョンのカスペルスキー セキュアコネクションが検知されました 」

 

カスペルスキー セキュアコネクション

 
 
 

エラー「 以前インストールされたバージョンのカスペルスキー セキュアコネクションが検知されました 」

"Windows"へ戻る
更新日: 2019年10月18日 Article ID: 13498
 
 
 
 

インストール中に「 以前インストールされたバージョンの カスペルスキー セキュアコネクション が検知されました 」と表示される場合、セキュアコネクション がコンピューター上に存在している可能性があります。

既に セキュアコネクション が存在して正常に起動できる場合、インストール作業を行う必要はありません。


以下の手順を行うことで、セキュアコネクション を起動できるかご確認ください。



手順 1

キーボードで Win + E キーを押し、エクスプローラを起動します。


Common_Windows_Win_and_E



手順 2

以下のフォルダへ移動します。

  • 32 ビット版オペレーティングシステムの場合:
    C:\Program Files\Kaspersky Lab\Kaspersky Secure Connection(バージョン番号)
  • 64 ビット版オペレーティングシステムの場合:
    C:\Program Files (x86)\Kaspersky Lab\Kaspersky Secure Connection(バージョン番号)

(バージョン番号)には、製品のバージョン番号が入ります。



手順 3

ファイル ksdeui.exe をダブルクリックします。


Image: Kaspersky Secure Connection installation folder


セキュアコネクション が正常に起動すると、メイン画面が表示されます。



セキュアコネクション が起動できない場合


セキュアコネクション を 削除 してから、もう一度インストールしてみてください。


解決しない場合、マイ カスペルスキー からテクニカルサポートへお問い合わせください。お問い合わせの際には、発生している問題について詳しく記載してください。マイ カスペルスキーの利用方法については、オンラインヘルプ をご参照ください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了