Windows 10 Creators Update (Redstone 2)をインストールした後、Kaspersky Security Center 10で利用可能なアップデートが表示されない

 

Kaspersky Security Center

 
 
 

Windows 10 Creators Update (Redstone 2)をインストールした後、Kaspersky Security Center 10で利用可能なアップデートが表示されない

"その他の問題"へ戻る
2018 11月 12 Article ID: 13507
 
 
 
 

ネットワークエージェントがインストールされているコンピュータにWindows 10 Creators Update(Redstone 2)をインストールする際に、デフォルトの[更新プログラムをダウンロードしてインストールする]オプションを変更すると、このコンピューターのアップデートはKaspersky Security Center 10(WSUSサーバーとして使用されている場合)では表示されません。

使用可能な更新プログラムは、次の場合に正しく表示されます。

  • ネットワークエージェントを再インストールする
  • または
  • Kaspersky Security Center 10をWSUSサーバーとして再割り当てします(ネットワークエージェントのポリシー設定で、[ソフトウェアのアップデートと脆弱性]セクションに移動して、[管理サーバーをWSUSサーバーとして使用する]チェックボックスを再度選択します)。

この問題は、コンピュータがMS WSUSに接続されている場合に発生します。

現在、Microsoftのエンジニアと共にこの問題の解決に取り組んでいます。

一時的な問題の解決策:

  1. 管理サーバがインストールされた適切なアーカイブをコンピュータにダウンロードし、ファイルを展開します。
  2. run.batファイルを管理者として実行します。
 
 
 
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了