セキュアコネクション for Mac とは?

 

カスペルスキー セキュアコネクション

 
 
 

セキュアコネクション for Mac とは?

"Mac"へ戻る
更新日: 2020年07月22日 Article ID: 13574
 
 

有料版に切り替えて制限を解除

有料版に切り替えると:

  • 1 日に利用可能な通信量の制限が無くなります。
  • 経由する VPN サーバの国・地域を自由に選択できるようになります。

 
 
 

主な機能:

  • 暗号化および保護された通信を使用して実際の IP アドレスや接続元の位置情報を隠し、安全にデータを送信します。
  • 接続する Wi-Fi ネットワークの安全性を確認し、安全性が低い場合には セキュアコネクション による通信の保護を促すメッセージを表示します。

公衆 Wi-Fi ネットワークへ接続する際やオンラインでショッピングをする際、またソーシャルネットワークを利用する際などには、セキュアコネクション による通信の保護を オン にし、個人情報や資格情報を含む通信が傍受されたり読み取られたりするのを防ぐのが大切です。


主な仕様/制限:

  • macOSバージョン10.14(Mojave)以降では、Kaspersky Security Network 上の情報を用いた Wi-Fi ネットワークの安全性の確認が行われません。安全性の確認は、暗号化の種類に応じてのみ判断されます。 
    理由:macOSバージョン10.14(Mojave)以降の OS では、KSN でのレピュテーションの判定に必要な BSSID(Basic Service Set Identifier)が転送されません。
  • macOS のシステム環境設定からは VPN 接続を開始できません。
  • 製品メイン画面に表示される使用済みトラフィック量は、実際の使用済み量と異なる場合があります。
  • VPN サーバのロケーション(接続する 国・地域)を変更すると、安全な接続が一時的に中断される場合があります。安全な接続が再び確立されるまでの間は、送信されるデータは保護できません。
  • 無料版から有料版に切り替わるまでに数分かかる場合があります。
  • 通信の保護がオンの時に Mac のネットワークを変更すると、安全な接続が一時的に中断される場合があります。安全な接続が再び確立されるまでの間は送信されるデータは保護できません。
  • 通信の保護をオンにすると、Fraud Management System(オンライン決済システムや銀行の Web サイトでの疑わしい処理を検知してブロックするシステム)の誤検知が発生することがあります。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了