Kaspersky Embedded Systems Security 2.0 のルート証明書を手動でアップデートする方法

 

 

Kaspersky Embedded Systems Security 2.0

 
 
 

Kaspersky Embedded Systems Security 2.0 のルート証明書を手動でアップデートする方法

"トラブルシューティング"へ戻る
2018 7月 20 Article ID: 13727
 
 
 
 

問題

Microsoft 社にサポートされておらず、定期的なアップデートを受信していないオペレーティングシステムでは、Kaspersky Embedded Systems Security 2.0 でエラーが発生する可能性があります。このエラーは、ルート証明書が最新でないために発生します。

考えられるエラー:

  • アプリケーション起動コントロールルールが、オペレーティングシステムにある証明書によって信頼できると判断されたアプリケーションに対して正しく機能しません。[Applications Launch Control component] が次のように設定されている場合、システムは Kaspersky Embedded Systems Security 2.0 をブロックすることがあります:
    • The mode of active rule application.
    • デジタル証明書以外の特性に基づく Kaspersky Embedded Systems Security 2.0 の追加ルールが無い場合。
  • 信頼する証明書が検出された場合にアクセスを許可するアプリケーション起動コントロールルールの自動生成(アプリケーションは SHA256 を使用)。
  • [Software Modules Integrity Check task]の実行後に、破損したコンポーネントに関する誤った重大イベントエントリが作成されます。

解決方法

ルート証明書を手動でアップデートする:

  1. 定期的にアップデートされている Windows 10 が稼働しているコンピューターで、最新のルート証明書のリストを作成します。以下のコマンドを使用します:
certutil.exe -generateSSTFromWU roots.sst
  1. 証明書をアップデートするコンピューターにファイル roots.sst を保存します。
  2. 圧縮ファイル rootsupd.zip をダウンロードし、そこから以下のコマンドを実行しファイルを展開します:
rootsupd.exe /c /t:C:\PS\rootsupd
  1. 圧縮ファイルに updroots ツールが含まれているか確認します。
  2. updroots ツールを使用して最新のルート証明書をインストールします:
updroots.exe roots.sst
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了