SYSTEMのアクセス権限が正しく設定されていない場合の Kaspersky Security 10 for Windows Server 管理の喪失

 

Kaspersky Security 10.x for Windows Server

 
 
 

SYSTEMのアクセス権限が正しく設定されていない場合の Kaspersky Security 10 for Windows Server 管理の喪失

"トラブルシューティング"へ戻る
2017 11月 02 Article ID: 13731
 
 
 
 

既定値では、Kaspersky Security 10 for Windows Server のすべての機能に、SYSTEMアカウントにてアクセスできます。

既定の設定を変更しないでください。また、本製品および Kaspersky Security サービスを管理するSYSTEMアカウントのアクセス権限を無効にしないでください。

変更してしまうと、Kaspersky Security 10 for Windows Server は Kaspersky Security Center により保護されているコンピューターグループの管理を失ってしまうことがあります。リモート管理を復元することはできません。

解決方法

SYSTEMアカウントのアクセス権限を制限してしまった場合は、カスペルスキーのテクニカルサポートに直接問い合わせいただき、ご自身では何も行わないでください。

この問題を防止するには、Kaspersky Security Center 管理プラグインの修正バージョンをインストールします:

この修正により、本製品や Kaspersky Security サービスを管理するためのSYSTEMアカウントのアクセス権の制限が禁止されます。

 
 
 
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了