カスペルスキー セキュアコネクションについて

 

カスペルスキー セキュアコネクション

 
 
 

カスペルスキー セキュアコネクションについて

"一般情報"へ戻る
2017 8月 28 Article ID: 13828
 
 
 
 

カスペルスキー セキュアコネクションは、ネットワークで送受信されるすべてのデータを暗号化することで通信を保護します。

カスペルスキー セキュアコネクションは、カスペルスキーの技術とオープンソースの仮想プライベートネットワーク技術を組み合わせる事により開発されました。通信データを暗号化する際に使用するサーバーは、世界中の国々に設置されており、これらサーバーは、 AnchorFree 社によって提供され、同社のHotspot Shield の技術が使用されています。無料版では、1日に暗号化できるデータ通信に制限があり、接続するサーバー(国・地域)も選択できませんが、有料版では、暗号化できるデータ通信量に制限はなく、サポートされている全ての国・地域のサーバーが選択できます。

カスペルスキー セキュアコネクションは自動的に起動し、暗号化が必要なインターネット通信の監視を行います。たとえば、安全性の低い Wi-Fi ネットワークへの接続時や、個人情報の入力を求められるサイトへアクセスする時などに、セキュアコネクションはデータ通信の暗号化を有効にするようユーザーに通知します。データ通信の暗号化は、ユーザーが同意した場合にのみ開始され、ユーザーが暗号化を無効にするか、インターネット通信に問題が発生するまで維持されます。また、データ通信を暗号化したい場合は、手動でも実行することができます。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了