Systemdを使用しているオペレーティングシステムでexim dlfuncを使用するときに発生する問題

 

 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

 
 
 

Systemdを使用しているオペレーティングシステムでexim dlfuncを使用するときに発生する問題

"トラブルシューティング"へ戻る
2017 10月 25 Article ID: 13883
 
 
 
 

dlfuncを使用しようとしたとき、/tmp/klms_filtersにアクセスする際にエラーが発生する場合があります。(No such file or directory)。

原因

この問題は、オペレーティングシステムのアップデート後にPrivateTmpがexim用に有効になっているために発生します。
/tmpディレクトリはデフォルトで/var/tmpとなるため、/tmpディレクトリはeximプロセス用として空になります。

解決策

問題を解決するには、次のいずれかを実行します。

  • exim用にPrivateTmpを無効にする。
  • セットアップスクリプトを再実行し、再度統合を設定します。
    dlfuncは一時ディレクトリとして/var/opt/kaspersky/klms/tmp/klms_filters/を使用します。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了