2018年1月のマイクロソフト社のセキュリティアップデートへのカスペルスキー製品の対応状況に関するお知らせ

 

 

記事一覧: 互換性情報

 
 
 

2018年1月のマイクロソフト社のセキュリティアップデートへのカスペルスキー製品の対応状況に関するお知らせ

"互換性情報"へ戻る
2018 3月 07 Article ID: 14042
 
 
 
 

カスペルスキー製品は、2018年1月3日(米国時間)に配信されたマイクロソフト社のセキュリティ更新プログラムに完全に対応しています。


本セキュリティ更新プログラムへの対応は、カスペルスキー製品の定義データベースのアップデートで既に提供を開始しております。定義データベースのアップデートは初期設定で自動で実行される設定になっておりますので、追加操作の必要はございません。手動で定義データベースをアップデートするには、製品のメイン画面にある [ アップデート ] ボタンをクリックしてください。

法人向け製品の Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows においては、メインウィンドウの [ タスク ] セクションで [ アップデート ] を右クリックし、[ アップデートの開始 ] をクリックします。また Kaspersky Security Center で管理されている場合は [ アップデートタスク ] を実行してください。


本セキュリティ更新プログラムが適用された端末へ、新規にカスペルスキー製品をインストールするには、最新のインストールプログラムをカスペルスキー公式サイトからダウンロードしてください。


yaji 個人向け製品 : カスペルスキー インターネット セキュリティ の最新のインストールプログラムの ダウンロード

yaji 小規模オフィス向け製品 : カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ の最新のインストールプログラムの ダウンロード

yaji 法人向け製品 : Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows の最新のインストールプログラムの ダウンロード



本セキュリティ更新プログラムを適用するには、カスペルスキー製品の定義データベースを更新する必要があります。

無料体験版も含めカスペルスキー製品のライセンスが切れている場合、定義データベースを更新できない為に 本セキュリティ更新プログラム が適用されない可能性があります。

【カスペルスキーの対応に関して】

カスペルスキーはこの問題に対応する定義データベースを2017年12月28日にリリースしました。2017年12月28日以降の定義データベースがダウンロードされたカスペルスキー製品では、マイクロソフト社のセキュリティ更新プログラム が適用されます。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了