Kaspersky Security for Virtualization 5.0 Light Agentの脆弱性攻撃ブロック

 

 

Kaspersky Security for Virtualization 5.x Light Agent

 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 5.0 Light Agentの脆弱性攻撃ブロック

"設定 / 操作方法"へ戻る
2018 6月 27 Article ID: 14046
 
 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 5.0 Light Agentは、脆弱性攻撃ブロック機能を搭載しています。本機能は、コンピューターの脆弱性を悪用したマルウェアが他種のマルウェアをインストールすることを防ぎます。多くの場合、ブラウザやAdobe Flash、Java、Microsoft Officeなどのアプリケーションが攻撃されます。

脆弱性攻撃ブロックは、以下の方法を使用します:

  • 脆弱性のあるアプリケーションやWebブラウザからの実行ファイルの起動を制御します。
  • 脆弱性のあるアプリケーションによる疑わしい動作を制御します。
  • アプリケーションの動作を監視します。
  • 悪意のあるコードのソースを追跡します。
  • ソフトウェアの脆弱性の悪用を防ぎます。

脆弱性が発見されたアプリケーションのリストは、Kaspersky Security for Virtualization 5.0 Light Agentの定義データベースと共にアップデートされます。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了