Kaspersky Security for Virtualization 5.0 Light Agentのウェブコンテンツカテゴリ

 

Kaspersky Security for Virtualization 5.x Light Agent

 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 5.0 Light Agentのウェブコンテンツカテゴリ

"一般情報"へ戻る
2018 7月 04 Article ID: 14050
 
 
 
 

Kaspersky Security 5.0 Light Agent のウェブコントロールにより、コンテンツがどのカテゴリに属するかに基づいて仮想マシンユーザーの Web サイトへのアクセスを管理および制限できます。コンテンツ制限を適用するため、本製品は専用のウェブコンテンツカテゴリを使用します。

カテゴリ名は条件付きで、カスペルスキーの Web サイトおよびカスペルスキー製品でのみ使用されます。カテゴリ名は、適用される法律によってその用語に与えられる定義と対応しない場合があります。

1つの Web サイトが複数のカテゴリに当てはまることもあります。カテゴリ重複の最も一般的なケースは以下の説明で示します。

 
 
 
 
 

Adult content

 
 
 
 
 

Software, audio, video

 
 
 
 
 

Alcohol, tobacco, narcotics

 
 
 
 
 

Violence

 
 
 
 
 

Profanity

 
 
 
 
 

Weapons, explosives, pyrotechnics

 
 
 
 
 

Gambling, lotteries, sweepstakes

 
 
 
 
 

Internet communication

 
 
 
 
 

E-tailers, banks, and payment systems

 
 
 
 
 

Job search

 
 
 
 
 

Anonymous access systems

 
 
 
 
 

Computer games

 
 
 
 
 

Religions, religious associations

 
 
 
 
 

News media

 
 
 
 
 

Ads and teaser networks

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了