仮想デスクトップインフラストラクチャによって使用されるゴールデンイメージに Network Agent と Kaspersky Light Agent 5.x をインストールする際の推奨事項

 

Kaspersky Security for Virtualization 5.x Light Agent

 
 
 

仮想デスクトップインフラストラクチャによって使用されるゴールデンイメージに Network Agent と Kaspersky Light Agent 5.x をインストールする際の推奨事項

"インストール / 削除"へ戻る
更新日: 2022年05月31日 Article ID: 14052
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security for Virtualization Light Agent 5.2 (バージョン 5.2.27.319)
  • Kaspersky Security for Virtualization Light Agent 5.1 (バージョン 5.1.44.295)
 
 
 
 

前提条件:

  • Kaspersky Security Center の次のバージョンのいずれか:
    • Kaspersky Security Center 13.2 (13.2.0.1511)
    • Kaspersky Security Center 13.1 (13.1.0.8324)
    • Kaspersky Security Center 13.0 (13.0.0.11247)
    • Kaspersky Security Center 12 (12.0.0.7734)
    • Kaspersky Security Center 11 (11.0.0.1131)
    • Kaspersky Security Center 10 (10.5.1781.0)
  • Kaspersky Security for Virtualization 5.x Light Agent コンポーネントは管理サーバーにインストールされます。
  • XenApp と XenDesktop 7.15 または Citrix Virtual Apps と Desktops 7 1903
  • Kaspersky SVM は、VDI マシンが動作し、管理対象コンピューターの別のグループにあるすべての Hyper-Visor にインストールされます。
 
 
 
 
 

インストール前の設定

 
 
 
 
 

ゴールデンイメージへの ネットワークエージェント と Kaspersky Security for Virtualization Light Agent 5.x のインストール

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了