Kaspersky Endpoint Security 11 for Windows で暗号化を使用しているときのクライアント側キャッシング(CSC)サポートの制限事項(ワークステーションのみ)

 

 

Kaspersky Endpoint Security 11.x for Windows

 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 11 for Windows で暗号化を使用しているときのクライアント側キャッシング(CSC)サポートの制限事項(ワークステーションのみ)

"暗号化"へ戻る
2019 3 29 Article ID: 14215
 
 
 
 

仮想ファイルシステムでは、クライアント側キャッシングサービス(CSC)によるファイル操作の実行はサポートされていません。これらのファイル操作には、次が含まれます:

  • 共有フォルダーでのオフラインの共有ファイルの同期。
  • オフラインファイルの暗号化または復号化。
  • SMB プロトコルを使用したファイルサーバーへの BranchCache テクノロジーの導入。
  • CSC サービスを使用する製品の利用と導入。

共有リソースのオフラインでの可用性をブロックするには、Windowsのグループポリシーを使用することを推奨します。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了