カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 の実行アプリケーションの制限とは?

 

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019

 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 の実行アプリケーションの制限とは?

"プロテクション"へ戻る
2018 11月 01 Article ID: 14313
 
 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 の実行アプリケーションの制限は、信頼できないアプリケーションの実行をブロックする機能です。この機能は、以下のいずれかに該当するアプリケーションの実行をブロックします。

  • Kaspersky Security Network のデータベースにアプリケーションに関する情報がない場合
  • Kaspersky Security Network で信頼性が低いと判断されている Web サイトからダウンロードされたアプリケーションの場合
実行アプリケーションの制限を有効にするには、 アプリケーションコントロール、ファイル保護、システムウォッチャーが有効になっている必要があります。

実行アプリケーションの制限を有効にするには:


手順 1

製品のメイン画面を開き 、[ 便利ツール ]をクリックします。


14313_01



手順 2

アプリケーションの管理 ] - [ 実行アプリケーションの制限 ]の順にクリックします。


14313_02



手順 3

有効にする ]をクリックします。


14313_03


実行アプリケーションの制限が有効になり、システムのスキャンが開始されます。スキャンは最初に有効にした時にのみ実行され、多くの時間がかかります。

日常的に利用する信頼できると判断できるアプリケーションが起動しなくなった場合は、[ アプリケーションの管理 ]をクリックして該当アプリケーションの制限グループを変更するか、実行アプリケーションの制限を無効にします。制限グループを変更する方法については、こちらのサポート記事 を参照してください。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了