低負荷時のみ カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 がスキャンと定義データベースのアップデートを実行するように設定する方法

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019

 
 
 

低負荷時のみ カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 がスキャンと定義データベースのアップデートを実行するように設定する方法

"パフォーマンス"へ戻る
更新日: 2019 6 20 Article ID: 14330
 
 
 
 

スキャンや定義データベースのアップデートが実行中は、コンピューターへの負荷が増大し他のアプリケーションのパフォーマンスに影響する場合があります。以下の手順でスキャンや定義データベースのアップデートをコンピューターへの負荷が少ない時に実行されるよう設定できます。

コンピューターがバッテリーで稼働している間は、この設定は有効になりません。


手順 1

タスクバーでカスペルスキーのアイコン (Common_KIS_icon) または (Common_KIS_icon_old) をクリックしてメイン画面を開きます。


Common_KIS_icon_taskbar



アイコンが見つからない場合、[ 隠れているインジケーターを表示します ] をクリックしてみてください。


Common_KIS_icon_taskbar_hidden



手順 2

左下にある歯車のアイコン( 14308_icon )をクリックします。


14330_01



手順 3

パフォーマンス ]を選択し、以下の項目のチェックボックスをオンにします:

  • CPU およびディスクに高い負荷がかかっている場合に、コンピューターのスキャンを延期する
  • 低負荷スキャン設定を有効にする

低負荷スキャン設定を有効にすると、コンピューターがロックされている間、またはスクリーンセーバーが起動している間にのみ、スキャンとアップデートが実行されるようになります。


14330_02

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了