カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 と 2018 の比較および 2019 から 2018 に戻す方法

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019

 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 と 2018 の比較および 2019 から 2018 に戻す方法

"インストール / 削除"へ戻る
更新日: 2019 4 16 Article ID: 14382
 
 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 (バージョン 19.0.0.1088)では、カスペルスキー インターネット セキュリティ 2018 と比較して、以下の機能が削除されました。

プロテクション 削除された機能

アプリケーションマネージャー

システム変更コントロール

保護者による管理

SNS 内のメッセージの監視および制限

迷惑メール対策

  • Microsoft Office Outlook および Outlook Expressとの統合機能
    • 迷惑メールの学習機能 : [ スパム ] [ 非スパム ]の選択ボタン
    • ユーザー独自のデータベース作成機能
    • 迷惑メール対策の設定 : スパムまたは非スパムメールに対する処理の選択(フォルダーに移動、フォルダーにコピー、削除、スキップ、既読にする)と、受信メールのサブフォルダ内のメールスキャンの設定
  • MAPI プロトコルを介して送信されたメールのスキャン機能
  • 迷惑メール対策の除外リストにメール送信者のアドレスを追加する機能
  • 迷惑メール検知時の処理 : 移動、コピー、削除、スキップ

Outlook の機能を利用することで、引き続き迷惑メールの再配置ルールを構成できます。

以下の機能は引き続きご利用いただけます:

  • 受信メールのスキャン
  • 製品設定画面での許可またはブロックする送信者のリストの編集
  • 製品設定画面での許可またはブロックする語句のリストの編集
  • 製品設定画面でのフィッシングメールのスキャンに関する設定
  • 製品設定画面での URL のスキャンに関する設定

改良点などを含むすべての変更点に関する情報は、こちらのサポート記事をご参照ください。

削除された機能が重要な場合には、カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 から カスペルスキー インターネット セキュリティ 2018 に戻すこともできます。

 

 
 
 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 から カスペルスキー インターネット セキュリティ 2018 に戻す方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了