Kaspersky Security 10.1 for Windows Server(バージョン 10.1.0.622):コンソールと管理用プラグインの修正および統合パッチを含むビルド

 

Kaspersky Security 10.x for Windows Server

 
 
 

Kaspersky Security 10.1 for Windows Server(バージョン 10.1.0.622):コンソールと管理用プラグインの修正および統合パッチを含むビルド

"リリース情報"へ戻る
2018 6月 20 Article ID: 14496
 
 
 
 

リモート管理ツール用とローカル管理ツール用の修正および統合パッチ KB14306を含むこのビルドは、Kaspersky Security for Windows Server バージョン 10.1に対して使用できます。このビルドは 2018 年 6 月 21 日に公開されました。

まだ Kaspersky Security 10 for Windows Server をバージョン10.1にアップグレードしていない場合、このビルドを使用して新バージョンに移行し、同時に修正済みインストールファイルを適用して、バージョン 10または10.1の管理ツールをアップグレードできます。

 
 
 
 
 

統合パッチ KB14306 を含むビルド

 
 
 
 
 

Kaspersky Security 10.1 for Windows Server コンソール

 
 
 
 
 

Kaspersky Security 10.1 for Windows Server の管理用プラグイン

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了