Kaspersky Security for Virtualization 5.0 Agentless を削除する方法

 

 

Kaspersky Security for Virtualization 5.x Agentless

 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 5.0 Agentless を削除する方法

"インストール / 削除"へ戻る
2018 10月 05 Article ID: 14607
 
 
 
 

仮想インフラストラクチャから Kaspersky Security for Virtualization 5.0 Agentless を削除する方法:

  1. Kaspersky Security コンポーネントで SVM を削除します。
  2. Kaspersky Security サービス の使用が設定されている NSX Security Policyを削除します。また、保護された仮想マシンを含む場合もNSX Security Groupを削除することも可能です。
  3. VMware NSX Manager での Kaspersky Service Manager Integration Server 登録をキャンセルします。

Integration Server 管理コンソールを使用して、 Integration Server と Kaspersky Security サービスの登録をキャンセルすることを推奨します。キャンセルがエラーで停止した場合は、VMware vSphere Web Client コンソールにて手動で実行を試みてください。

 
 
 
 
 

SVM の削除

 
 
 
 
 

NSX セキュリティポリシー の削除方法

 
 
 
 
 

NSX セキュリティグループ の削除方法

 
 
 
 
 

Kaspersky Security and Integration Server サービスの登録をキャンセルする方法

 
 
 
 
 

Kaspersky Security サービスの登録を手動でキャンセルする方法

 
 
 
 
 

Kaspersky Service Manager の登録を手動でキャンセルする方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了