ライセンスによって利用できる Kaspersky Security 10 for Linux の機能の違い

 

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Linux

 
 
 

ライセンスによって利用できる Kaspersky Security 10 for Linux の機能の違い

"ライセンス"へ戻る
2019 3 26 Article ID: 14613
 
 
 
 

Kaspersky Security 10 for Linux は、適用するライセンスによる機能の違いは以下の表を参照してください。

ライセンス
Kaspersky Endpoint Security for Business Select Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced Kaspersky Total Security for Business Kaspersky Security for File Servers Kaspersky Hybrid Cloud Security(デスクトップ) Kaspersky Hybrid Cloud Security(サーバー) Kaspersky Hybrid Cloud Security Enterprise(サーバー)
ファイルアンチウイルス yes yes yes yes yes yes yes
ファイアウォールの管理 yes yes yes yes yes yes yes
アンチクリプター(共有フォルダー向け) yes yes yes yes yes yes
ファイル変更監視(FIM) yes yes
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了