セキュアコネクション が位置情報のアクセス権限を必要とする理由(セキュアコネクション for Android)

 

カスペルスキー セキュアコネクション

 
 
 

セキュアコネクション が位置情報のアクセス権限を必要とする理由(セキュアコネクション for Android)

"Android"へ戻る
更新日: 2019 8 21 Article ID: 14699
 
 
 
 

Android 9 以降では、本製品が Wi-Fi ネットワークに関する情報( SSID および BSSID )を確認して VPN を有効にするために、本製品は端末の位置情報へのアクセス権限を必要とします。

本製品は、初回起動時に位置情報へのアクセス権限を要求します。後から、本製品に位置情報へのアクセス権限を付与する方法は、以下の手順を確認ください( 参考情報 : Google サポートサイト )。


手順 1

Android 端末の設定アプリを開きます。



手順 2

アプリ ]をタップします。

アプリ管理のセクションの名前は、端末機種および Android のバージョンによって異なる場合があります([ アプリと通知 ]など)。



手順 3

アプリの一覧から、「 カスペルスキー セキュアコネクション 」を見つけてタップします。



手順 4

許可 ]または[ 権限 ]のセクションで、[ 位置情報 ]を オン にします。


位置情報へのアクセス権限は、Wi-Fi ネットワークに関する情報( SSID および BSSID )を取得する目的でのみ使用され、本製品が位置情報へのアクセス権限を使用してお客様の端末を追跡することはありません。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了