保護を展開するための展開スクリプト

 

Kaspersky Security Center

 
 
 

保護を展開するための展開スクリプト

"Hybrid Cloud Security"へ戻る
更新日: 2021年03月30日 Article ID: 14713
 
 
 
 

スタンドアロンマシン向けの展開スクリプトは、winsrv.ps1 および linux.sh と呼ばれます。
オートスケーラブルマシン向けの展開スクリプトは、winsrv_asg.ps1 および linux_asg.sh と呼ばれます。

XXXXXX の箇所を Kaspersky Security Center の IP アドレスに置き換える必要があります。Yandex Cloud の場合、IP アドレスの代わりにサーバーの DNS 名を使用します。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了