カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 でリスクウェアの検出を有効にする方法

 

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019

 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 でリスクウェアの検出を有効にする方法

"プロテクション"へ戻る
2019 2月 06 Article ID: 14847
 
 
 
 

正規のプログラム( 公式に販売され、正規の目的に一般的に使用されている )であっても、悪意のある人間が使用すればコンピューターへのセキュリティ的に脅威となる可能性があるソフトウェアを、リスクウェア と言います。本製品によるリスクウェアの検出は、デフォルトの設定では行われません。


リスクウェアの検出を行うように設定する方法 : 


手順 1

製品のメイン画面を開き、左下にある歯車のアイコンをクリックします。


14847_01_ja



手順 2

詳細 ] - [ 検知する脅威と除外リスト ]の順にをクリックします。


14847_02_ja



手順 3

[ ユーザーに損害を与える目的で悪用される可能性があるソフトウェアを検知する ]にチェックを入れて 有効 にします。


14847_03_ja


以上で設定完了です。リスクウェアの検出が可能になりました。

設定完了後は以下の手順を行なって、リスクウェアがコンピューター内に存在しないか確認されることをおすすめします。

  1. 最新の定義データベースに更新します。
  2. 完全スキャンを実行します。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了