カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 の Wi-Fi ネットワークの脆弱性の通知機能について

 

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019

 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 の Wi-Fi ネットワークの脆弱性の通知機能について

"プロテクション"へ戻る
2019 2月 07 Article ID: 14941
 
 
 
 

空港やカフェ等で公共 Wi-Fi ネットワークを利用する際、ネットワークの保護強度が十分でないと、ハッカー等の第三者に情報を盗まれる危険性があります。カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 にはそのようなケースへの対策として、Wi-Fi ネットワークをスキャンし、脆弱性がある場合には通知を表示する機能が搭載されています。

カスペルスキー セキュアコネクション がインストールされている場合はこの機能を有効にできません。カスペルスキー セキュアコネクション がその役割を担います。

Wi-Fi ネットワークの脆弱性の通知機能を オン または オフ にする方法


手順 1

製品のメイン画面を開き、左下にある歯車のアイコンをクリックします。


KIS2019_14797_01



手順 2

プロテクション ] - [ ファイアウォール ]の順にクリックします。


14941_01_jp



手順 3

Wi-Fi ネットワークの脆弱性について通知する ]を オン または オフ にします。

パスワードの送信が保護されていない場合、ブロックして警告する ]を オン にすることで、Wi-Fi ネットワークの使用時に、暗号化されていない形式でのパスワードの送信をすべてブロックすることもできます。


14941_02_jp

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了