Kaspersky Web Traffic Security 6.0 のライセンスの有効期限が切れた場合について

 

Kaspersky Web Traffic Security 6.x

 
 
 

Kaspersky Web Traffic Security 6.0 のライセンスの有効期限が切れた場合について

"一般情報"へ戻る
更新日: 2020年01月09日 Article ID: 14952
 
 
 
 
本記事では、Kaspersky Web Traffic Security 6.0 (version 6.0.0.1545)に関して記載しています。
 
 
 
 

商用ライセンスの期間が終了した後、Kaspersky Web Traffic Security 6.0は制限された機能で実行を続けます:

  • 定義データベースは更新されなくなります。ライセンスがまだ有効であった間に行われた最後に更新した定義データベースを使用して、アプリケーションは動作します。
  • KSNは無効になります。KSNキャッシュは削除されません。

サブスクリプションライセンスの期間が終了すると、更新の猶予期間が与えられます。猶予期間中は、アプリケーションは完全に機能し続けます。:

  • 定義データベースは更新されます。
  • KSNは有効の状態です。

この期間、アプリケーションは猶予期間の開始と残りの日数について管理者に通知します。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了