エディション及びライセンスに関する説明(Endpoint Security Cloud / Endpoint Security Cloud Plus)

 

Kaspersky Endpoint Security Cloud

 
 
 

エディション及びライセンスに関する説明(Endpoint Security Cloud / Endpoint Security Cloud Plus)

"ライセンス"へ戻る
更新日: 2021年05月07日 Article ID: 15027
 
 
 
 
 
 

Endpoint Security Cloud には、次の 2 つのエディションがあります:

  • Endpoint Security Cloud
  • Endpoint Security Cloud Plus 

保護コンポーネントの比較

エディションにより、使用可能な保護コンポーネントが異なります。

保護コンポーネント Endpoint Security Cloud
Endpoint Security Cloud Plus
ファイル脅威対策
メール脅威対策
Web 脅威対策
yes yes
ファイアウォール yes yes
ネットワーク攻撃防御 yes yes
ふるまい検知
脆弱性攻撃ブロック
修復エンジン
yes yes
脆弱性診断 yes yes
モバイル保護 yes yes
Cloud Discovery(検知) yes yes
Could Discovery(制御) no yes
Microsoft Office 365 の保護 no yes
Web コントロール no yes
デバイスコントロール no yes
暗号化管理 no yes
パッチ管理 no yes

ライセンスの仕様

ライセンス Endpoint Security Cloud / Endpoint Security Cloud Plus   
ライセンス単位 1 ライセンス (1 ユーザー)
保護可能な端末 1 PC または 1 Server + 2 Mobile
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

保護レベルを拡張したいですか?より多くの管理オプションが必要ですか?

Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced をお試しください。自動化されたセキュリティで高度な脅威を検知し、サーバーの保護力強化によって、アプリケーションコントロール、Web コントロール、および デバイスコントロールによる高性能な保護を向上させ、企業情報および財務情報の窃取を防止します。

他の法人向けカスペルスキー製品

 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了